旅写は旅を愛し、平和を愛する写真家が旅をテーマとして写真活動を行っている写真家集団です。

logo_1Ia_02111111111111.png

〒160-0008
東京都新宿区三栄町8‐37 四谷ビジネスガーデン
Tel : 03-3355-1533  Fax : 03-3358-1954
mail : jtpa@tabisya.jp

連携事業

旅写は自治体などと連携し、様々な活動をしています。

群馬県沼田市連携協定

写真を基軸とした地域振興を自治体と協力して進める初の試みとして、群馬県沼田市との間に協定書を2013年4月に締結しました。

旅写フォトコンテスト in沼田

写真C.JPG当協会会員が開催する撮影ツアーを沼田市にて開催。
フォトコンテストも企画運営しています。

2016年度も開催!
昨年度までは撮影教室等の参加者のみを対象として参りましたが、今年度より沼田市在住の市民並びに沼田市を訪れたことのある全ての方を対象にしたコンテストとして広く作品を募集いたします。
今年は、NHK大河ドラマ「真田丸」放映を機に「真田丸展」も開催されております。皆様ぜひとも沼田市へ足を運んでいただき、作品を応募いただければと思います。
沼田市ホームページ

・第3回入賞作品ギャラリー
・第2回入賞作品ギャラリー


応募要項ダウンロード (PDF)

第3回 旅写フォトコンテストin沼田 入賞作品展開催

numata_post_omote.pngぐんまちゃん家 (ぐんま総合情報センター) 2F
2016年3月21日(月)~27日(日)
10:00~19:00 (※21日13:00から、27日13:00まで)
住所:東京都中央区銀座5-13-19
電話:03-3546-8511
主催:群馬県沼田市・日本旅行写真家協会

01永井_秋色の田.jpg02中曽根_春盛り.jpg03中嶋_神宿る.jpg


1席 永井由美子 「色の田」 2席 中曽根智津江 「春盛り」 3席 中嶋佳則 「神宿る」
入賞 長谷川清 「山合に輝くSL」 初澤久美子 「水天一碧」 小野澤元春 「せめる黄葉」 小野悠介 「懐かしい気持ち」 後藤信雄 「ブナ地蔵」
佳作 三橋好一 「桜の頃」 山内茂人 「秋に咲く」 柳沢昌宏 「沼田物語」 石原美代子 「名残りの春」 萩原一裕 「春色の協奏曲」 横山吉春 「ご苦労様です」 橋本秀寿 「速季流れ」 中曽根智津江 「渓流の春」 山内茂人 「偉光」 永井由美子 「秋のこよみ」 中嶋佳則 「光射す」 初澤久美子 「枯道」

沼田市民対象の写真教室開催

写真教室.jpg2015年2月22日(日)に沼田市の市民を対象とした撮影教室が開催され、当協会から中村友一副会長と越信行理事を講師として派遣しました。
当日は市民約 20 名が参加。沼田市役所内での講義ののち、隣接する沼田公園内の旧生方家、旧土岐家を被写体に撮影実習しました。
その後、撮影した写真をプリント出力し講評を行いました。



ポストカード「沼田麗景」制作

ポストカード.jpg旅写フォトコンテスト in 沼田の対象となる撮影教室を開催した講師が沼田市で撮影した作品を使い、観光 PR 用のポストカードを制作いたしました。
ポストカードは、入賞作品展の会場にて配布されたほか、今後行われる沼田市の観光イベントなどで配布される予定です。

日経ナショルジオグラフィック写真賞

グランプリ賞金100万円、ニューヨークでの個展など魅力的で、プロ写真家も多く応募する写真賞。旅写も後援しています。

2015年度表彰

2月1日、東京大手町の日本経済新聞社において、表記写真賞の表彰式がありました。
今年で4回目を迎え、ネーチャーとピープルの両部門で合わせて、286人から699点の応募がありました。
審査は、写真家の野町和嘉氏と中村征夫氏、日本版編集長の大塚茂夫氏で行われ、以下の方々(敬称略)が受賞されました。

グランプリ

「88歳の現役医師」八木豪彦(埼玉県所沢市)

グランプリ 八木豪彦氏.jpg

ネーチャー部門最優秀賞

「アシナガキンバエを捕食するカラスハエトリ♂」坂本昇久(東京都世田谷区)

ネイチャー部門最優秀賞 坂本昇久氏.jpgネーチャー部門優秀賞
「海中賛歌」鍵井靖章(神奈川県鎌倉市)
「カイツブリ受難」玉田照清(埼玉県ふじみ野市)
「震災後の故郷の川でいのちをつなぐ」平井佑之介(東京都杉並区)
「原生林の死」湯淺光則(兵庫県尼崎市)


ピープル部門最優秀賞

「Shipyard」吉田亮人(京都市)

ピープル部門最優秀賞 吉田亮人氏.jpg
ピープル部門優秀賞
「AJKバルセリ村の生徒」清水匡(千葉県船橋市)
「放牧する少女」藤木ケンタ(東京都目黒区)
「内陸の土」谷口哲(京都府日向市)


東川町国際写真フェスティバル

高校生による“写真甲子園”が行われることでも知られる、「写真の町」「写真文化首都」をうたう北海道東川町で行われるフォトフェスティバル。
旅写も後援しており、北海道在住会員を中心に多数関わっています。